知っておきたい!目の老化が招く『加齢性黄斑変性症』って?


人間は年齢が上がると、体の様々な部分に問題が出てきます。
日本では、目の病気にかかる人も少なくありません。
加齢黄斑変性症も、老化によって発症する病気のひとつです。
加齢黄斑変性症は、加齢によって網膜の中心に存在する黄斑に障害が生じて見たいところが見えなくなってしまう病気です。
日本では、あまり知られていない病名ですが、ヨーロッパやアメリカでは失明する原因のトップなのです。
最近は、日本でも生活の欧米化によって患者数が増えています。

最近治療法が開発された加齢黄斑変性症

加齢黄斑変性症は長い間治療法がなかったのですが、やっと治療法が開発されたおかげで、多くの患者に視力が戻っているのです。
(具体的に知りたい場合は、加齢黄斑変性症 完治で調べてみるといろんな方の完治体験談を知ることが出来ます。)
黄斑は、カメラでいうとフィルムにあたる部分で、外から入る光が瞳や水晶体、硝子体を通って網膜に届き、光を感じています。
そして、網膜で光が電気信号に変換されることで、脳に伝わって見えるようになるわけです。
黄斑は、その名の通り色素の関係で黄色い色をしています。
黄斑は、とても小さな部分ですが、障害が起こると網膜に異常がなくても視力が低下してしまうのです。
そうなると、字を読むことさえできなくなるケースがあります。
網膜の下には、網膜色素上皮があり、網膜色素上皮が正しく働くことで、網膜も本来の働きができるのです。

加齢黄斑変性症は2種類に分けられる

加齢黄斑変性症には、大きく分けて委縮型と滲出型があり、委縮型だと網膜色素上皮が少しずつ委縮していきます。
そして、網膜に障害が起こり、徐々に視力が低下していくのです。
滲出型は、異常な血管が網膜と網膜色素上皮の間に入り、網膜に障害が起こってしまう症状です。
異常な血管は、血液の成分を漏らしたり、血管が破れるというトラブルを生みます。
血液成分が漏れると、網膜が腫れる網膜浮腫になったり、網膜下に液体が溜まる症状が出て、網膜が正しく働かなくなるのです。
網膜が正しく働かなくなることで、徐々に視力が低下していきます。

 

加齢黄斑変性症の様々な症状


網膜が腫れたり、網膜の下に液体が溜まると、網膜がゆがみ、ものがゆがんで見えます。
ただ、黄斑部に障害が起こっているので、中心部は歪んで見えますが、障害が起こっていない周辺部分は正しく見えます。
視力が低下しているのに治療をしないでいると、視力が0.1以下になることがあるので注意が必要です。
委縮型と伸縮型では、滲出型の方が症状の進行が早く、重症化することが多いです。
滲出型の場合、薬物や光線力学的療法を使って治療を行います。